closed

サラリーマンをリタイアするための不動産投資の手法として、小規模高利回り物件を多数購入すると言う方法がありますが、「光速収益不動産投資成功法」では否定しています。

その理由として、3つ挙げられています。

①●がネックとなって行き詰まる
高利回り築古物件の場合、●に対し、●が劣る場合が多く、●が●し、融資を受けにくくなっている場合が多い。

②さらに、●そのものの入り口で蹴られる
●を短期間で買い進めると、●がきちんと●かどうか確認したいという理由で、●から外されるケースが多い。

③●にかかる●の上昇。
●棟でリタイアと言うことは1棟●万円程度のキャッシュフローしかない。
にもかかわらず、●は●棟の●倍になる。
また、●にかかる●も●倍近く、
あなたがサラリーマンである以上、ある程度時間の制約があるだろう。
私の経験上●年で●棟買うだけでも、尋常ではないパワー(気力・時間)を不動産投資に投入した。
サラリーマンをしながら●年で●棟購入するのは事実上不可能だ。
●棟でも買ったことのある方は理解できると思う。
●がどれだけ大変か。

気になる方は↓から覗いてみて下さい。^^

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<