2013年2月の記事一覧

光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)で、仕事をリタイアしたいサラリーマンが不動産投資を勉強すると、

1.頭金ゼロで買える物件を見つけてくる。

2.見つけてきたら、買い付け申込する。

3.融資が今までの苦労は何だったの?と簡単につく。

4.毎月、海を眺めていても、月収100万円以上に!!

5.次の物件を探してきて購入。 3回も繰り返せばハッピーリタイア!!

と言う流れでサラリーマンをリタイアする事が出来ます。

このマニュアルに従って、「光速収益不動産投資成功法」の中で今田信宏氏が言う事を順序どおりに進めれば、誰でもが数ヶ月後には月収100万円以上を勝手に銀行に振り込み続ける金のなる木を手にする事が出来ます。

株やFXのようにある日突然ゼロになる事も無く、淡々と、休みの日も、確実にお金をもたらしてくれます。

そんなノウハウが、ここにあります。

このサラリーマンが頭金無しで銀行からフルローンを引き出す事が出来るノウハウは、今田信宏氏が数多くのセミナー(中には数十万円もするセミナーもあります)に出席し、100冊を超える読書と数十枚に渡るDVDセミナー、CDセミナーに投資し続けたから得られたものです。

そして何よりも重要なのは、数年の試行錯誤とダメ不動産への投資の経験です。

不動産は、その金額が5,000万円、1億円、2億円と、莫大な金額になるため、一度でも失敗するとリタイアどころか、一生働き続けても返済できない借金が残りかねません。

もしあなたがサラリーマンをリタイアするために不動産投資を選ぶのであれば、「光速収益不動産投資成功法」は避けて通れない道だと言えます。

避けても不動産投資にトライする事は出来ますが、大勢いるサラリーマン大家脱落組に仲間入りしかねません。

ダメ不動産をつかまされて莫大な借金を背負ってサラリーマンを続けるのか、成功不動産投資家として南国の最高級リゾートホテルで優雅にリタイア人生を楽しむのか、あなたはそれを自分の意志で選ぶ事が出来ます。

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

頭金無しでサラリーマンが不動産投資をする方法

光速収益不動産投資成功法」で今田信宏氏が言っている、サラリーマンが頭金無しで銀行から積極的にフルローンを引き出して、リタイアをするための方法は、以下の様な内容です。

  • 今までの常識を覆す、失敗しようがない物件購入術とは?
  • 物件情報を探しだす。丸秘!発掘テクニックとは?
  • 物件情報がドンドン入ってくる不動産会社との付き合い方とは?
  • 買っていい物件、買ったら損する物件を見極める、今田式物件分析法とは?
  • 銀行からぜひ融資させてくださいと言わせる、銀行との付き合い方とは?
  • 銀行から満額融資を引き出す極秘テクニックとは?
  • 99%の不動産投資家が知らない長期収益を見極める方法とは?
  • 悪質な不動産屋にだまされない、不動産会社を見極める方法とは?
  • 普通の人に価値がないと見える物件を価値のある物件に変える魔法の不動産投資法とは?
  • 普通の人が手を出さない物件でも購入しても良い物件とは?
  • 人口動向以上に重要なこととは?
  • サラリーマンをリタイアするための融資戦略とは?
  • レントロールから買ってもいい物件と買ってはだめな物件を見極める方法は?
  • 現地で確認する一番重要なこととは?
  • 利益を生み出す、売買契約書の結び方とは?
  • リスクを回避する、特約事項の書き方とは?
  • 余分な税金を払わずにすむ、土地、建物割合の決め方とは?
  • 物件をモノにする「買い付け」の入れ方とは?
  • 物件がなければ物件を創り出す指値の秘術とは?
  • 今田式融資依頼資料の秘密とは?
  • 融資先を決める融資戦略とは?
  • 固定金利、変動金利の選び方とは?
  • 共同担保を要求されたときの対応方法とは?
  • 購入以上に重要な出口戦略とは?
  • 物件には寿命があるのか?
  • 自分の物件を査定せよ!あなたは、はまっていないか?
  • 更なる飛躍を求めて、なぜ頭金を入れないほうがいいのか?
  • これから起こる、サラリーマン大家さんの破綻と、銀行融資姿勢の変化とは?
  • 何も考えずに購入していると、突然銀行から相手にされなくなる罠とは?
  • 5年後、10年後を見極めた不動産投資方法とは?
  • 金利上昇リスクを見極める収益試算方法とは?
  • 空室率、家賃下落リスクを見極める収益試算方法とは?

これらのノウハウを知らなければ、どんなに利回りが良い物件を見つけても、積算価値が高い物件を見つけても、継続して銀行から積極的な融資を受けられなくなり、結果として不動産投資を続ける事が出来ません。

銀行からの融資を受ける事が出来なくなった時点でゲームオーバー。
サラリーマンをリタイアする事が出来なくなります。

逆に、たったこれだけの事を知っているだけで不動産投資の成功率が格段に上がり、サラリーマンをリタイアする事が出来るのです。
しかも、収入はサラリーマン時代の何倍にもなっています。
海を眺めながら毎月300万円が銀行口座に振り込まれる生活ももちろん可能です。

そんなノウハウを知りたくありませんか?
どんなに本を買いあさっても、それを知る事は出来ません。
なぜなら、積極的にフルローンで融資してくれる銀行を実名で本に書く事などできないからです。

だからこそ、本気で不動産投資に取り組んでいる方、取り組もうとしている方達はこぞって「光速収益不動産投資成功法」を購入しています。

あなたはどうしますか?
さんざん退職金を減らされて定年退職した後に、「あの時勇気を出せば良かった。」と後悔しますか?
それとも、南国のシャングリラホテルのスイートルームでシャンパンを飲みながらゆったりと海を眺める生活を送りますか?

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

頭金無しでサラリーマンが不動産投資をする方法

surveyge

政府と損害保険各社は18日までに、家庭向け地震保険の保険料2014年7月をめどに平均で15%程度引き上げる方向で検討に入りました。

2011年の東日本大震災を踏まえ巨大地震の発生リスクが高まったと判断したためで、リスクに見合った保険料に見直すことで、地震保険制度の安定的な運営を目指そうと言うものです。

損保各社でつくる「損害保険料率算出機構」が、地震保険料の値上げを2013年3月末までに金融庁に届け出る事になっています。

金融庁の審査後に、損保各社の準備期間を経て、2014年7月をめどに新たな保険料を適用する見通しとなっています。

値上げの背景として、地震保険による保険金支払いが1兆2,000億円を超えた東日本大震災を機に「将来の巨大地震発生リスクが高まっている」(大手損保)という状況が挙げられます。

現在の地震保険料は、都道府県ごとの発生リスクや住宅密集度などに応じて区分に分かれていて、今回の値上げ幅は全国一律とはならない見通しです。

また、新たな保険料には政府がまとめる南海トラフ地震の被害推計を反映させたいと考えているようですが確認が遅れているため、値上げは2段階に分かれると見られています。

ただでさえ諸経費の割合が大きな不動産投資に地震保険料の値上げが入ると、キャッシュフローに少なからず影響が出そうです。
今後も注目して行く必要がありそうです。

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

不動産投資関係ニュース

a0001_009317

頭金無しでサラリーマンが不動産投資をする方法があります。

いわゆるフルローンです。

あなたの属性や年収、借り入れの有無、そして何よりも《物件の質》によりますが、フルローンは可能です。

つまり、頭金無しでサラリーマンが1億円のアパート、2億円のマンション、3億円のエレベータ付きマンションなどを買う事が可能です

わざわざ例を挙げるまでもなく、サラリーマンが頭金無しで不動産投資を行う事は可能です。

私の不動産投資仲間は、2012年だけの1年間で3棟、4億円のRC物件を都内に買って、年間キャッシュフローが一気に1,500万円になりました。
1年間でもうリタイア可能な年収を得てしまいました。

この方は、「仕事辞めても暇を持て余すだけだから、辞めたりしないよ。(笑)」と言ってリタイアはしないと言っていますが、物件を購入する事が好きなので、これからもどんどん買うと言っています。

また、別の友人は2012年に不動産投資の勉強を始めた20代のサラリーマンですが、2012年9月に神奈川県内に3,500万円の新築アパートをフルローンで買いました。

また、もう一人の友人は、2013年中に2棟のマンションをフルローンで買う予定で動いていますし、フルローンで不動産投資を行うサラリーマンはいくらでもいます。

ただ、フルローンで買うためには、普通の方法では無理です。
その方法は、書店では得る事は出来ません。

「その方法を知るためなら100万円支払っても良い。」という不動産投資もいます。

サラリーマンがフルローンでマンションを購入する方法を紹介して、「最も売れた不動産投資教材」と言われるものがあります。

それが、今田信宏氏の「光速収益不動産投資成功法」です。

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

頭金無しでサラリーマンが不動産投資をする方法

今田信宏氏の「光速収益不動産投資成功法」の本編目次です。
サラリーマンが不動産投資で光速リタイアするためのノウハウがぎっしり詰まっています。

フルローン融資に積極的な銀行の名前などもはっきり書いてあり、フルローン融資を引き出すためのマインド・方法、銀行員の考えていることも明確に分かります。

フルローン融資に積極的な銀行がどこなのか分かるだけでも、この教材を買う価値があります。

第一部 たった5ケ月でリタイアできた「収益不動産投資成功法」

第0章 「リタイア前夜」
■ リタイア前夜
■ 『光速』でリタイアできる不動産投資の手順 〜非常識な成功パターン〜
■ 大切なことはたった1つしかない

第1章 「頭金「ゼロ」でできる不動産投資の手順」
■ リタイアは戦略だ!
■ 私の失敗事例と成功事例 〜あなたは3年もかける必要がない〜
■ 非常弛な成功パターン、セオリーを打ち破れ

第2章 「死ぬほど大切な戦略的物件選択」
■ 99%の投資家が陥る罠
■ 物件を見極める最大のポイント 〜3秒で見極めろ〜
■ 私の失敗事例

第3章 「銀行から借りてくださいと言わせる融資戦略」
■ 融資しない銀行は相手にするな
■ 銀行の基本的行動原理
■ 銀行の融資基準大公開
■ 融資期間はこう決まる
■ 融資金額算出のための項目と影響
■ SMBCの融資基準
■ その他の収益還元法を採用している銀行、金融機関

第4草 「そしてあなたのサクセスストーリーが完成する」
■ みさなん、考えて無さ過ぎ
■ なぜあなたはリタイアしないのか?
■ サラリーマンだからこそ容易にリタイアできる
■ あなたのセルフイメージは何?億のカベを超えろ!
■ メンターをつくろう
■ あなたならリタイアできる

第二部 「実践!『光速』不動産投資」

第5章「実践!『光速』不動産投資」
■ 不動産市場の歪みを狙う
■ あせるな!高利回り物件なんていくらでもある
フルローン物件だっていくらでもある
■ 物件情報がドンドンはいってくる不動産会社とのつき合い方
■ 物件が無ければ物件を割り出せ!指値の秘術とは?
■ 物件の地域にこだわる?
■ 物件の人口動向は気になる?
■ 『今田式』収益シミュレーション
■ キャッシュフロー試算、リスク試算方法
■ レントロールに騙されるな!
■ 価値ある物件を定義せよ、物件の躯体構造
■ 現地・現場・現認主義 〜物件は必ず見ること〜
■ パパを引くな!現地で物件を見極めろ!
■ 物件をモノにする「買い付け」の入れ方
■ 利益を生み出す、売買契約書の結び方
■ リスクを回避する、特約事項の手き方
■ 余分な税金を払わずにすむ、土地、建物割合の決め方

第6章 「実践!戦略的融資」
■ メインバンクなんて必要ない!
■ サラリーマンだからこそ銀行は喜んで金を貸す
融資金額が大きいほど担当者はうれしい
■ 短期で連続して借りるには
■ 本気でやるなら法人をおこそう
■ 融資依頼資料の秘密
■ さて、融資を受けに行こう!
■ 融資は理輪。あなたの気持ちは関係ない
■ 都市銀行、地方銀行、信用金庫、政府系、信託系、ノンバンクの特徴を使い方
■ 都市銀行で融資を受ける
■ 地方銀行で融資を受ける
■ 信用金庫で融資を受ける
■ 信託系で融資を受ける
■ 政府系で融資を受ける
■ ノンバンクで融資を受ける
■ 固定金利?変動金利?
■ 金利は交渉すること
■ 共同担保を要求された。さあどうする?

第7章 「実は一番大切な出口戦略」
■ 出口戦略なき投資は失敗する
■ さあ、どれが一番儲かる?
■ 物件には寿命がある
■ 出口は4つ
■ 出口戦略 〜転売のために〜

第8章「既に物件を持っている人のための成長戦略」
■ 自分の物件を査定!あなたは、はまっていないか?
■ 物件を保有しキャッシュフローが赤字
融資期間が法定耐用年数を超えている
■ よくある質問!自宅を持っているのは有利か?他にもローンがあるんです

第9章「更なる飛躍を求めて」
■ 金利リスク、なぜ頭金を入れないのか?
■ リスクの正体
■“選ばれた物件”を購入することの困難さ
■ サラリーマン大家さんの破綻と、銀行融資姿勢の変化
■ 収益不動産投資のダークサイド

第10章「実録!Kさん、5ケ月でリタイア」
■ 不動産をはじめたきっかけ
■ 不動産投資を始める前の勉強
■ 実践トレーニング開始
■ 初めての買い付け
■ 初めての融資成功
■ 一気に爆発!複数同時購入に向けて
■ 甲信越物件の購入への道
■ 北陸物件、二番手から一番手に
■ 物件の特性に合わせた融資戟略の構築
■ 突然現れた3棟目
■ 3棟目もカンタンにフルローン
■ 現在の成績
■ 最後に 〜知識から知恵へ〜
今田からあなたに伝えたいこと
■ 収益不動産投資のダークサイド

 

本気でサラリーマンリタイアを考えている方は、購入する事をお勧めします。
不動産投資のセミナーなんて4万、5万はざらで、中には30万円などと言うものもあります。
私は8万円のセミナーに参加しましたが。^^:
「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)がこの程度の金額と言うのは、かなりお得だと思います。

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

「光速収益不動産投資成功法」は誰も知らないリタイアノウハウ凝縮

不動産投資_融資_積極的_銀行

「光速収益不動産投資成功法」で今田信宏氏は、全国的に収益不動産融資に積極的な銀行の名前を5つ出しています。

それは、●、●、●、●、●、の5つです。

この情報は、知りたい方に取っては相当な価値があると思います。
はっきり言って、この情報を知るだけでもこの教材以上の価値があると思います。

なお、ここで言っている「積極的」というのは、フルローンが出やすいということです。
「社内融資規定から、フルローンが出る物件を比較的見つけやすい銀行」と言うことです。
なおさら価値がある事が分かると思います。
ちなみに地銀ではないですよ。^^

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

不動産投資に積極的な銀行

不動産投資_リタイア_方法

今田信宏氏は、不動産投資で一番大切なことは、●だと言っています。
そして、2番目に大切なことは●だ、3番目に大切なことも●だと言っています。

それだけに、●がどれだけ大切なのかが分かります。

「高利回り物件」=「●」と言うのは誤解です。
このことを押さえていなければ●が出来ずに、不動産投資が続けられません。
イコール、「サラリーマンリタイア断念」と言うことです。

サラリーマンのリタイアに最も大事なことは●です。
それを満たさない物件をつかんだ時点で、ジ・エンドとなります。

サラリーマンを本気でリタイアしたいのであれば、このことを外すことは出来ません。

それを知りたいですか?

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

不動産投資でリタイア出来るのか

buynowbutton

今田信宏氏がどんな不動産物件を購入しているのか気になる不動産投資家の方は沢山いるのではないでしょうか。

どうやってサラリーマンをリタイアしたのか、その経過を知りたいと思っている不動産投資家の方は沢山いると思います。

それが、「光速収益不動産投資成功法」の中で詳細に明示されています。

表にして、物件①から⑦までの、購入年、利回り、躯体、築年数、満室家賃、返済額、満室家賃ー返済額=論理キャッシュフロー、総資産、家賃総合計、返済金額総合計、差額、理論キャッシュフロー、がはっきりと明示されています。

この表1ページだけで、今田信宏氏がどの時点でどんな利回りの物件をいくらで購入して、いくら返済して、キャッシュフローがいくらなのかを知ることが出来ます。

その表がこれです。
※モザイク処理をしています。

今田信宏_購入物件

本気で不動産投資でサラリーマンをリタイアしたい方は、この表がどれだけ貴重な資料なのかを理解する必要があると思います。

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

今田信宏氏が購入した物件

closed

サラリーマンをリタイアするための不動産投資の手法として、小規模高利回り物件を多数購入すると言う方法がありますが、「光速収益不動産投資成功法」では否定しています。

その理由として、3つ挙げられています。

①●がネックとなって行き詰まる
高利回り築古物件の場合、●に対し、●が劣る場合が多く、●が●し、融資を受けにくくなっている場合が多い。

②さらに、●そのものの入り口で蹴られる
●を短期間で買い進めると、●がきちんと●かどうか確認したいという理由で、●から外されるケースが多い。

③●にかかる●の上昇。
●棟でリタイアと言うことは1棟●万円程度のキャッシュフローしかない。
にもかかわらず、●は●棟の●倍になる。
また、●にかかる●も●倍近く、
あなたがサラリーマンである以上、ある程度時間の制約があるだろう。
私の経験上●年で●棟買うだけでも、尋常ではないパワー(気力・時間)を不動産投資に投入した。
サラリーマンをしながら●年で●棟購入するのは事実上不可能だ。
●棟でも買ったことのある方は理解できると思う。
●がどれだけ大変か。

気になる方は↓から覗いてみて下さい。^^

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

不動産投資でリタイア出来るのか

光速収益不動産投資成功法_今田信宏

「光速収益不動産投資成功法」の著者である今田信宏氏が、この教材に対する熱い思いを語っていますので、興味のある方は読んでみてください。
※販売ページの最後の部分を抜粋したものです。

【「光速収益不動産投資成功法」について 今田信宏】
なぜ、私がコンサルティングでしかお伝えしてこなかった、不動産投資ノウハウをあなたに公開しようとしているのかその理由をお伝えします。

不動産投資で儲かった多くの人たちが、次に行うのは出版、コンサルティングで儲けていっていることに気がついたことがありますか?
私のように買い続けて成功している人は非常に少ないのです。

それはなぜなのか?
私はそれに簡単に答えることができます。

彼らにしても、不動産を買い続けるのはなかなか難しいのです。
実は、成功したといいながら、次の物件の融資がつかないのです。

それは彼ら自身が銀行の融資の裏側を十分に把握していないからなのです。
私自身は、マニュアルを作ったり、コンサルティングを行わなくても収益不動産を購入することで儲けを増やし続けることができます。

でもなぜ、あなたに、数百万をかけて、数年の歳月をかけて死に物狂いで掴んだノウハウをあかしてしまうのか?

正直に言って、わたしも4年前にこのことを知っていれば、遅くとも3年前にリタイアできていました。
そんなノウハウをなぜあかしてしまうのか?

それには理由があるのです。

収益不動産を所有した時の喜びを、今後は自分自身の好きなことをやっていける喜びを実感して欲しいのです。
リタイアできるキャッシュフローを確保したときの喜びは、本当に言葉では言い表せないほどの喜びです。
その喜びを共有したいのです。

頭ではわかっていても、不動産の所有には、大きな負債も共についてきます。
そのリスクにも勝る、毎月のキャッシュフローを得たとき、あなたは勝者への大きな一歩を踏み出したことになるのです。

わたしが2004年1月に始めて購入した物件は、わずか2700万円、
利回り12.6%の物件でした。
いまでは決して購入することのない小さな物件ですが、それでも月々10万円のキャッシュを生み出してくれています。

たかが10万円、されど10万円。
この格別な安心感をあなたに伝えたいのです。
あなたに保証します。

会社をいつ辞めてもいいキャッシュフローを手にしたとき、あなたは本当の自分自身を再度見つけることになることを。

「頭金ゼロでできる『光速』不動産投資成功法!」には、これまで私がコンサルティング以外では話したことがない、貴重な実践済みの情報を詰め込みました。

最後に、お伝えしなければいけないことがございます。
このマニュアルですが、多くの方から、「ここまで書かないで欲しい」「これ以上ノウハウの流出はしないで欲しい! 」「先行者の利益を守ってくれ! 」「価格設定が安すぎる」という声をいただきます。

「融資付けの方法は、ここまで書いたら銀行の審査基準すら変更されかねない。この考え方
の公開は100万でも安すぎる」という声すらいただきました。

したがって、情報の氾濫を防ぐために、マニュアルの価格は突然変更するかもしれないことをご了承ください。

成功者する方に共通する特質のひとつは決断力です。
共に、収益不動産投資での成功をめざしましょう。

「光速収益不動産投資成功法」(今田信宏)

光速収益不動産投資成功法

>>頭金「ゼロ」でできる今田信宏『光速』収益不動産投資成功法<<

今田信宏氏が「光速収益不動産投資成功法」を作成した理由